百日咳

百日咳の症状

小さい赤ちゃんのいる人なら、三種混合ワクチンとして、百日咳はご存じでしょう。三種混合ワクチンは、ジフテリア・百日咳・破傷風の三つの病気を予防するワクチンで、鬼に3回、半年以上1年半未満の間で第鬼追加としてもう1度接種するDPTワクチンのことです。百日咳に生後半年に満たない乳児がかかると肺炎を起こしたり、脳症になったりと重症化しますので、忘れずに接種しましょう。もちろん百日咳は子供だけのものではありません。大人もかかる可能性のあるものですので注意が必要です。

スポンサーリンク

百日咳の咳

百日咳の咳

百日咳は、百日咳菌が飛沫感染するものです。潜伏期間は1〜2週間で、発症しても発熱などの症状はなく、最初は鼻水、くしゃみ、咳の症状になります。この咳がくせ者で、最初は軽い咳だったのが、徐々にその激しさを増していきます。

あまりにも激しい咳のために嘔吐してしまったり、止まらない咳で呼吸ができなくなり、いきなり息を吸い込むことになるために、ヒューっと音が鳴るのが特徴です。


百日咳の症状

発症当初は普通の風邪と見分けがつかないでしょう。百日咳の特徴的な咳に変わっていくのは、だいたい発症してから1週間後くらいです。1週間を過ぎた頃から咳が激しくなり、夜にひどくなるのが特徴です。

生後半年以内の赤ちゃんがかかった場合、咳のために呼吸困難になり、チアノーゼを起こす可能性もあり、脳症などで命に関わることもありますので、入院治療が必要になります。この激しい咳は2〜5週間続きますので、かなり体力を消耗するでしょう。徐々に咳は軽くなっていきます。治療せずにいると3ヶ月前後続いてしまいます。感染力も強いですので、放置せずに必ず治療しましょう。

百日咳の診断

百日咳の診断

発症したばかりだと、特徴でもある咳が出ていないため、診断が難しくなります。百日咳では白血球が増加し、リンパ球がかなり増えますが、これも初期の段階にはないので診断ができません。 抗体を調べることによって、百日咳だと分かってきます。学童以上、大人になると、百日咳の典型的な咳の吸い込み音がないので、更に診断が難しくなります。


治療

百日咳菌が原因になっているため、これに効くマクロライド系の抗生物質を2週間ほど使用します。早期に飲まなければあまり効きません。この他にも、苦しい咳を止める薬も服用します。予後は比較的良いのですが、子供の場合は合併症に注意しなければいけません。

百日咳の注意

激しい咳の山を越えたら入浴してかまいません。風邪をひくと、せっかくおさまりかけていた咳がひどくなりますので、注意が必要です。保育園、幼稚園、学校、会社には4週間前後行くことが出来ません。咳がおさまるまでは無理でしょう。子供に限らず、咳き込みがひどくて呼吸困難になり、チアノーゼも出るようであれば、早急に病院にいかなければいけません。発熱したときも病院に行くべきです。

赤ちゃんはチアノーゼが出やすい?

赤ちゃんはチアノーゼが出やすい?

百日咳の咳は、激しい咳のあとに痰が出ます。自分で出せる人はいいのですが、赤ちゃんの場合、自分で痰を出すことができません。そのため、呼吸困難に陥ったり、無呼吸発作、けいれんなどを起こしてしまうことがあります。このためチアノーゼが出るのです。咳が出ているときに、くちびるや顔の色がおかしくなっていないか、注意深く見る必要があります。

呼吸が出来なくなっているようであれば、早急に入院させなければいけません。また、百日咳菌が肺にまで入ると、百日咳肺炎になってしまいます。合併症があると発熱する可能性もあり、益々体力が奪われていまいます。百日咳にかからないよう、予防接種をきちんと受け、もしなってしまった場合も、適切な治療をして周囲にうつさないようにしましょう。


ページの上に移動

スポンサーリンク