咳の治療

咳の治療

咳が激しく出ているとき、あなたらどうしますか?治療しますか?自然治癒するのを待ちますか? ただの風邪なら自然治癒も考えられますが、そうでなかった場合、自然治癒を待っている間に病気を悪化させてしまうかもしれません。
暢気に構えていると、実は喘息だったり肺炎だったりしますので、ちゃんと病院に行きましょう。早く治療にとりかかると、それだけ治るのも早いということです。遅ければ遅いほど、その何倍も治るまでの時間がかかってしまいます。辛い咳をいつまでも我慢することはないのです。

スポンサーリンク

咳を止めるだけでいい?

咳を止めるだけでいい?

激しい咳、しつこい咳、夜も眠れずに困ってしまう。こんな咳、止まってくれるとありがたいですね。ですが、ただ咳を止めるだけでいいのでしょうか。単に風邪の咳が長引いているだけであれば咳を止めるだけでいいかもしれません。

風邪ではなかった場合、喘息や肺炎、その他の病気だった場合、咳を止めたからと言って、根本的な治療にはなっていません。根本的な治療がされていないということは、咳が止まったのも一時的で、すぐまた出始めるでしょう。もしかしたら一度止めた咳が、前よりもひどくなる場合だってあるのです。咳を止めるには、原因になっている病気を治さなければいけないのです。


病院に行かなくてもいい?

病院に行かなくてもいい?

しつこい咳に悩まされている、長引いているけど激しい咳じゃないからと、病院に行くのを倦厭していませんか? 激しい咳ではないから、いつも咳が出ているけれど、苦しい思いをしていないからと病院に行くのを先延ばしにしているあなた。危険信号ですよ。

咳が続いているということは、ただの風邪ではないかもしれません。自己判断で市販薬を飲んで誤魔化していませんか? ちゃんと病院に行って、医師の指導のもとで治療をしましょう。


治療の前に原因を特定

ただ咳を止めるだけではなく、原因も突き止めなくてはいけません。痰の細菌、ウイルス、細胞を調べる他に、胸部X線検査、血液検査も調べます。更に詳しく調べるとなるとアレルギー検査や、呼吸機能検査、気管支鏡検査などを行います。これにより、ただの風邪ではなく、隠れていた違う病気を見つけることができます。

こうして見つかった病気の種類によって、それにあった薬と咳止めが処方されることになります。病気と共に咳も治療していくという形です。もちろんどんな薬を使っても、個人差というものがありますので、症状や副作用によって、使う薬も変わってきます。

ページの上に移動

スポンサーリンク