咳とは

咳とは

咳に悩まされている人、いませんか?一度出se始めると呼吸もできないくらい続けて出るときがありますね。苦しいとしか言いようがありません。その咳の原因は何ですか?咳が出るのは風邪か喘息だと思っていませんか? 
咳は病気で出ることもあれば、気管から異物を取り除こうとして出る場合があります。よく飲み物を飲んでいてむせる時がありますが、気管に水分が流れかけてしまい、それを止めようとして出る咳ですね。これは本当に苦しく、地上で溺れているようなものだと思ってしまいます。

スポンサーリンク

病院を受診するとき

病院を受診するとき

咳が気になって病院を受診するとき、適切な診察のヒントにもなりますので、記録できることは記録して持参しましょう。いつころからどんな音の咳が出ているのか、発熱を伴っているのか、痰がからんでいるか、咳がひどい時間帯はあるか、どんなときに咳がひどくなるかなどを医師に伝えましょう。

自分のことでしたら思い出しながらでも伝えられますが、子供のこととなると、親が様子を見ながら観察していなければいけません。咳を軽く考えていて、陰に重い病気が隠れていることもありますので、咳の様子を記録しておくということは、決して無駄なことではありません。咳もあまり長引く前に受診した方がいいでしょう。


子供の咳

子供の咳

私たち大人のする咳と子供がする咳が、同じものだとは考えない方がよさそうです。大人でも、咳が続くと体力を消耗しますが、子供の小さな体を考えると、相当な負担になっているでしょう。

免疫力も大人ほどではありませんし、もし何か病気が隠れている場合、大人よりもその進行が早いのが特徴です。咳に隠れている病気を見極めるのは医師でなければ無理でしょう。様々な検査が行われることと思います。


子供を守るのは大人の役目です。普段の咳と何か違うと思ったら、早めに病院に行くようにしましょう。そのときは、咳の様子はもちろんのこと、鼻水の有無や、お腹を痛がっていないか、便の様子はどうか、吐き気があるか、耳を痛がっていないか、尿は正常に出ているかなどを医師に伝えましょう。

子供の長引く咳

子供の長引く咳は、気管支炎や肺炎へと移行していく可能性もあります。自分でうまく状況を伝えられないということもありますが、X線撮影をしなければ分からないということもあります。


気管支炎や肺炎になって辛い思いをさせてしまう前に、適切な処置をしてあげましょう。病院も、医師が大丈夫だというまでは、きちんと診察を受けることが大切です。勝手な判断で、受診を中断してしまうようなことはやめましょう。

ページの上に移動

スポンサーリンク